スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

  • 2016.03.09 Wednesday
  • -
  • -
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

真冬の自転車にはこれが不可欠!アイテム

冬はどうしても自転車で出かけるのが億劫になりがちですが、ジャケット、手袋などきちんとした冬用の装備さえ身につけていれば、むしろ夏より快適に走れるものです。

寒さでついちぢこまってしまい、カラダもせっせと栄養を蓄えようとしてしまう冬こそ、ときどき自転車でワーッと汗をかいてみませんか。

そんな真冬のライドにおすすめなのが、ネックウォーマー。同じ服装でも、これがあるとないとでは、体感温度が数度は違うのではと思えるほど、ポカポカ効果があるアイテムです。

で、今年導入して、大・大・大正解だったと思っているのがこちら。



BUFF ポーラーBUFF サーマルプロ 
¥5,145(税込)
問い合せ/東京サンエス tel. 03-3834-2041

筒状のネックウォーマーが、捻ったり結んだりすることで、バンダナになったり帽子になったりヘアバンドになったりするBUFF。これはそれにふわふわ羊のようなフリースが合体したタイプです。

フリースと薄手ニットが繋がっているので、基本形としてはこれを首にしておき、寒さ次第で薄手ニットかフリースのどちらかを鼻のあたりまで引っ張り上げて暖まるのです。

スキーにも連れて行ったのですが、マイナス10度のリフトも、このおかげで耐えられましたよ!



JUGEMテーマ:じてんしゃ全般

女性用ビンディングシューズはこれもチェック

スポーツ自転車に乗っていてだんだん距離を伸ばせるようになってくると欲しくなるのが「ビンディングシューズ」です。

ビンディングシューズそのものについては、近々機会をあらためてご説明しようと思っていますが、これが、女性向けモデルがまだまだ少ないんですよね

とくに去年(2009年)なんて、女性ユーザーが突然増えたからか、小さいサイズのシューズは日本市場からほぼ払底していたようで、友人たちが「履けるサイズのシューズが売ってない!」と嘆いていました。今年も気になるモデルは早めにチェック&ゲットがよさそうです。

そんな中、サイクルモードで発見した新顔の女性向けビンディングシューズがこちら。



DIADORA SPEEDWOMAN R performance
¥14,700 SPD-SL, SPD, LOOK対応 サイズ37(23.0cm)〜41(26.0cm)
問合せ/(株)タキザワ  Tel. 027-231-5619
※入荷は3月下旬〜予定だそうです

ディアドラは、イタリアのスポーツシューズブランドで、押し出しのある名前「DIADORA」はギリシア語で「天与の才で」という意味。

ツール・ド・フランスなどで活躍しているチーム、ランプレをサポートしていたことで知っている人も多いかもしれません。クネゴも履いていましたよ〜。

スピードウーマンRはその名の通り、ラスト(木型)から女性モデルを使った専用設計。部分的にグラスファイバーを埋め込んだナイロンソール、幅広いセッティングができるというディアドラ自慢のマイクロメトリックバックルが使われた本格コンペティションモデルです。

試し履きをしてみた感じは、甲高な日本人の足にもきつくない!ということ。とくに指先が多少余裕がある感じで、長時間のライドでも楽そうな印象でした。よく足裏がしびれてしまうことがあるので、試してみたいところです!



これぞ、女子ロック! 服を汚さないために

愛するマイ・スイート・リトル・バイクが盗まれないために、がっちりと準備したいロック。

ワイヤーロックはペンチひとつで意外と簡単に切断できてしまうものも多いので(目の前で目撃した経験者です)、とくに高額な自転車の場合、長時間それだけでとめておくのは不安。

本当は硬度を高めた合金製の大きなDロック(U字ロックともいう)や太いチェーンがいいのですが、それだけで1kg、2kgとなるので、わたしたち非力な女子には辛いですよね。

そこで、モードで見つけたこの新商品なんて、いいツボにハマっているんじゃないかなぁと思ってご紹介です。



TATE ジョイントロック
長さ:110cm 重量:約600g カラー:5色
問い合せ:(株)マルイ  Tel. 078-451-2742  (4月発売予定)



ラミネート加工が施されたキャンバス地のカバーがなんといってもかわいい!

カバーの下は、金属のリングを多数繋げた形状。ワイヤーよりだいぶ切断しにくくなっています。それで600gなら、アリではないでしょうか!

110cmの長さがあるので、バッグが小さいときには肩にかけたりして運べます。

このとき、外して洗うことができるカバーがすばらしいんです。ロックは汚れがつきやすいものなので、うっかり服を汚してしまいそうでヒヤヒヤしますからね。

いずれは自分のお気に入りの布でカバーを自作して楽しむなんていうのもやってみたい気がします!

ストリートなおしゃれヘルメット

かわいいヘルメット第二弾!

今回ご紹介するのは、オルタナティブな気風の街、オレゴン州ポートランド発のヘルメットブランド、「nutcase」。

名前のnutcaseはたぶん「脳みそケース」という意味なのでしょうね

2009年のロンドンのサイクルショーでも注目を集めていたnutcaseは、なんといっても派手なグラフィックが魅力です。ブースの方に試着していただきました!



NUTCASE Flower Power
EPP NEW SHELL
サイズ:L/XL ¥6,800(税込)
問合せ:(株)M.S.T.  Tel.03-6226-5992 

ちょっとレイドバックで、横乗りな感じで、フィックスやストリート系のクロスバイクに似合いそうです。いろんなおしゃれな柄があります。

輸入もののヘルメットは、頭蓋骨が前後に長く横幅の細い人が多い西洋人(世界的にはこれが多数派のようです)に合わせて作られているので、頭蓋骨が真円に近い東洋人(中国人や日本人)には合わないことが多いという要注意ポイントがあります。

でもこのnutcaseのEPPというシェルは日本フィット、東洋人の丸い頭向けになっているということで安心。

そのうちシングルスピードのピスト風の自転車も欲しいので、そのときにはコレかな!と思っています。

サングラスも女性専用設計が快適♪

スポーツ自転車に乗るなら、風やほこりから、紫外線から目を守るために欠かせないアイテムのひとつ、サングラス。
最近はアイウエアなんて言ったりもします。

このサングラス選びも、自転車女子としては大切にしたいポイントです。

女性は男性より顔幅も顔の造作も小さいことが多いので、一般的な男女兼用のサングラスだと、眼鏡の幅が顔の幅より広かったりして、どうもサングラスが悪目立ちすることが多い気がします。

「サングラスが走って来た!」という印象にならないようにしたいですよね

そこで、チャリジェンヌがサイクルモードで目をつけたのがコチラ。



OAKLEY COMMIT ¥19,950(税込)

超東洋人顔のわたしyokoですが、実際にかけてみて、「オオ!」と小さな声をあげてしまいました。眉から両こめかみにかけての曲線が合うというか、女性専用設計ならではの「おあつらえ感」がいい感じ。

しかもノーズピースは大小2セットがついてくるので、いつもほっぺたがレンズに触ってしまうという人も快適につけられます。

そしてもちろん、オークリーならではのHDOレンズを採用。
歪みが非常に少なく目に負担をかけず、時速164kmで飛んで来るエアガンの球を受けても割れないというレンズは魅力です……。クルマの跳ね石、たしかに怖いですから。



これ↑は、オークリーのブースに設けられていた、HDOレンズの丈夫さを体験するコーナー。どんどん踏んずけちゃってください、ということなのです。

自分に本当にしっくりくるアイウエアを探す旅は果てしないものですが、このコミット、ぜひ試してみてください。



これなら抵抗感なし? 普段着ヘルメット

スポーツバイクには乗りたいけれど、ヘルメットに抵抗感があるという初心者女子は多いと思います。その気持ちは、チャリジェンヌの私たちもすごーくよくわかります。

なんか、あの流線型な感じが、ふだんの生活のものとかけ離れていて異質なんですよね

そんな人には、この春からはまず最初にこれを見てもらおうかなと思っているのが……

こちら。↓



OGK Maxity
¥8,820(税込) サイズ s, M/L
※写真は12月のサイクルモードで展示されていたプロトタイプで、3月中旬に発売になるモデルは色バリエが違うようです(まだOGKのサイトには登場していません)。

サイクルモードの会場でパッと見て、「かわいい!」と思いました。普通のおしゃれな服でかぶってもあまり浮かない印象です。それでいてちゃんとヘルメットだし。

コンセプトも、“「かぶるヘルメット」から「着るヘルメット」へ”とのこと。

私yokoは、ママチャリでも車道を走ることが多いのもあり、しばしばヘルメットをかぶってます。いまはロード用のOGKのモストロしか持っていないので、「ええい!」とモストロをかぶってしまっているのですが、やっぱりママチャリにモストロはどうにも違和感が

春からはこのマキシティにしようかなぁと考えています。

パニエをクロスやロードにつけるには

先日ご紹介した、ニュールックのパニエが好評だったようで、何件か「どうやって自転車につけるのかわからない」というご質問をいただきました。

パニエは、リアキャリア(後輪の上に固定する荷台)のフレームに、爪でひっかけて固定します。なのでリアキャリアのない自転車には、キャリア(ラックとも言う)をつけることが必要になります。

でも、日本ではパニエがあまり一般的でないこともあって、スマートなキャリアがあまり出回っていないようです。

そこで探してみたところ……イギリスの「Wiggle(ウィグル)」という大手通販サイトにこんなのがありました。



Tubus Fly Rear Rack
£57.15 (およそ¥8300) 400g 26インチ,700c対応

タイヤの細いロードを視野に入れた、キャリアのくせになんとなくエアロダイナミックな形状なので、パニエをつけていないときでも違和感が小さそうです。

先日ロンドンの街角で見かけたのがこちら。



スペシャライズドの女性用ロード、ドルチェに同様の細いキャリアをつけていました。フラットペダルだし、サドルもややコンフォート系なので、毎日通勤している女性なのでしょう

どちらもあくまでもパニエを下げるためのもので、キャリア本体に何かを縛り付けるという用途はあまり想定されてないようですね。

ちなみにこのウィグル、日本語対応を熱心にしていて、日本への配送(空輸)も100ポンド以上の購入で無料!という太っ腹。ここ最近のポンド安もあって、日本から利用している人もかなり多いようです。

リクセン&カウルの柄がさらに充実♪

みなさま、ハッピー・バレンタイン
大切な人と、スイートな一日をお過ごし下さいね。

昨日に続きまして今日も自転車につけるバッグのご紹介です。

まずは、じゃじゃん!



RIXEN & KAUL Reisenthel(ライゼンタール)
¥10,290(税込) アダプター別売

ハンドルバーに固定する、前カゴタイプのバッグ。
ファブリックの柄がとてもおしゃれですよね!
フラットバーハンドルのクロスバイクにぴったりです。

ほかにもこんなにパターンがありました。



リクセン&カウルは、自転車側に固定する「クリックフィックス」という独自のアダプターとバッグ側についたキャッチによって、簡単に付け外しができるバッグのブランド。

ハンドルバーのほかに、シートポスト、サドルなどに付けるシリーズがあります。

その中からイチオシしたいのが、こちら。



リクセン&カウルを扱っているピーアールインターナショナルの、イケメン営業山口さんが手にもっているコントアーSF (¥10,290 税込)

これは、シートポストにつけるこのタイプのバッグの多くが、かなりサドルとリアホイール(タイヤ)のクリアランスがないとタイヤにこすってしまう中、大丈夫なバッグなのです。

700cのホイール(ロードバイクの一般的なホイールサイズ)に乗っている身長の低い人の泣き所がこのクリアランスなので、コントアーSFは本当に貴重な存在。実際、yokoがこれを愛用中で、kinuyoもほぼ同じ型を使っています。日帰りのロングライドなどにちょうどいい大きさです。

とくに小柄女子のみなさん、要チェックですよ!

自転車の本場、ヨーロッパで定番のバッグ

今日は、自転車で出かけるときにぜひ使いたいバッグのご紹介です。

「パニエバッグ」をご存知ですか?

自転車の後輪の両側(片側のこともある)につけるバッグのことです。もともとは、馬の背中に左右に分けてのせたカゴのことだそうです。

これ、日本では旅人以外使っているのをあまり見かけませんが、自転車の本場ヨーロッパではつけている人が大勢います。バリバリのロードでもつけている人がけっこういるんですよね。

私も見習ってクロスバイクにつけてみたのですが、あまりの便利さに驚きました

かなりの大荷物でも、らくらく運べてしまうのです。リュックで背負うのとは大違い! 買い出しに行くときなどに愛用しています。

そして、12月のサイクルモードで出会ったのが、これ。



New Look Shopper Cammella
¥9,660(税込)

どうですか。大人おしゃれじゃありませんか!?
すっかり欲しくなっています。
これなら、自転車から外して持ち歩くときも、普通のトートのようです。

ニュールックは、オランダでは知られた自転車バッグメーカーだそうです。
ほかにもいろいろなタイプの自転車バッグがありました。



ニュールックのサイトにあるバケツ型トートとか、グルカ風のキャンバスのバッグも、キャリアにつけるフックをしまえるようになっていて、肩にかけたときに服を傷めない工夫があっていい感じ。

とにかくこのパニエタイプはいちど使うとやめられない便利さなので、それにさらにおしゃれが加わったこのシリーズは要注目だと思うのです。


街乗り対応、ゴアテックストレンチコート♪

今シーズン、街で自転車に乗る時用にと買ってみて大正解だったショートトレンチをご紹介します。

イギリスのCraghoppers(クラグホッパース)というアウトドアウエアブランドのオリジナルで、自転車乗りの味方、ゴアテックスが使われています。

GORE-TEX New World Jacket

サイトから無断で画像を借用しちゃってますが、販促協力ということで大目に見てもらえるかな? 後日自分のを撮影して、差し替えます。

とくに自転車用ではありませんが、身頃の丈はサドルにまたがってちょうどお尻が十分に隠れつつ、ペダリングの邪魔にならない長さ! 軽くて持ちあるいても苦にならない程度。

この冬、これで自転車に乗っていて何度か雨に降られましたが、汗はこもらず雨は通さず、快適でした。

そして今、これがシーズン終わりの大セールになっています!
£160が、いま£55(8000円弱)
7割引近いです。

日本への送料は£20(3000円弱)ということなので、これはいいと思いますよー(関税がかかるかもしれませんが)。
定番モデルではないので、セールが終わると、このモデルはディスコンになると思います。

イギリスの婦人服サイズですが、あくまでも目安ですが、私の感覚で日本サイズと対応をさせるならこんな感じ。

イギリス8→日本の7号寄りの9号
イギリス10→日本の9号寄りの11号
イギリス12→日本11寄り13
イギリス14→日本13かそれ以上

↑これは一般論で、Craghoppersはもしかしたらこれより少し小さいかも(10が日本の9号に近い)。このトレンチもタイトなタイプです。

わたしは154cmで日本では普段7号か9号。
最初黒のサイズ8を購入してぴったりでとても気に入り、ベージュも買おうと思ったらすでに8は売り切れていて仕方なく10を買ったのですが、これもOKでした。
8のほうが春〜秋はよりスマートに着られそうですが、冬場は中にウールやフリースを着るので、10でもいい感じです

と、いきなりピンポイントな紹介になってしまいました。
でも全力でおすすめのコートがここまで安くなっているので、これはお知らせしなければ!と思った次第です。



<< | 2/2PAGES |

calendar

S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
<< August 2019 >>

twitter

selected entries

categories

archives

recent comment

  • お手頃価格の飛行機輪行ケース、ためしてみました
    顧 哲哉 (10/18)
  • 自転車でも、風呂敷活用術
    これ! (09/09)
  • 世界の女性サイクリストを繋ぐイベントに参加しませんか
    ひろまみ (03/26)
  • 磁石で足とペダルがくっつく! 新ペダルシステム
    八 (03/18)
  • ナイトペダルクルージングに参加してきました
    かおりん (06/30)
  • 磁石で足とペダルがくっつく! 新ペダルシステム
    ISAAC (05/04)
  • ナイトペダルクルージングに参加してきました
    カホ (03/01)
  • ナイトペダルクルージングに参加してきました
    サキ (01/24)
  • ナイトペダルクルージングに参加してきました
    ルナ (12/22)
  • ナイトペダルクルージングに参加してきました
    マナ (11/16)

links

profile

search this site.

sponsored links

others

mobile

qrcode