スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

  • 2016.03.09 Wednesday
  • -
  • -
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

お手頃価格の飛行機輪行ケース、ためしてみました

ロンドンと東京を往復したり、自転車を持ってヨーロッパ内などを旅行することも多いので、よく飛行機輪行をしています。サイクルショップで譲っていただける自転車納品用の段ボール箱(無料)、最も安全なハードケースのひとつといわれる「シーコン・エアロテック」(およそ9〜10万円)、ポンプで膨らませる空気袋で自転車を守るセミソフトの「Biknd ヘリウム」(およそ6〜7万円)などを使っていますが、今回日本からロンドンへMTBを運ぶのに、日本発の新製品「バイクサンド」を使ってみました! なんといってもお値段が2万3760円と手頃なのが魅力です(※2014年12月15日まで2万1000円になるキャンペーン中)。

バイクサンドの「サンド」は砂のことではなく、サンドイッチのほう。強化された段ボール製の固定板2枚にゴムバンドで自転車のフレームやホイールを吊って挟み込むことで、衝撃に強い梱包を可能にするという目新しいコンセプトです。

01.jpg
宅配便で届いた箱から取り出したバイクサンドはこんな状態。2枚の固定板は紙製とは思えないほど頑丈。間に側板や外袋が挟まっていました。(実家なんですが、ヨレたラグがお見苦しくすみません……汗)

説明書を読みながら、前後ホイールを外し、スキュアやサドルを抜き、フレームとホイールを固定板にゴムバンドでひっかけていきます。ゴムバンドをひっかける固定板の切り欠きで強さを調整し、フレームが固定板の縁より内側に収まる(出っ張らない)ようにすることがポイント。

02.jpg
MTBの場合、外す必要があるのは前後ホイール、スキュア、サドルとシートポスト、ペダル、リアディレイラー、ハンドルバー。(ロードバイクの場合はステムのハンドルクランプをゆるめるだけでOK)。写真ではリアエンドが板より出っ張っているように見えますが、これはカメラの画角のせいで、実際は縁より内側におさまっています。

03.jpg
ホイールも縁からはみ出ないようバランスをとって。この大切な品をゴムで外箱に吊り下げて守るという方法(宙吊り梱包)は、輸出梱包業界では常識なのだとか。ご実家が輸出梱包大手の人が開発したというエピソードに納得。ちなみに飛行機輪行では、チューブの空気は上空で気圧が下がった際の破裂を防ぐために減圧しておくことが必要です。

フレームとホイールの吊り下げができたら、自転車をサンドイッチするように2枚の固定板を向かい合わせます。付属の円筒状の紙管をスペーサー的に使って重ねあわせたら、四隅をゴムバンドで固定します。まだサンドイッチの「具」が見える状態。

ここに2枚の側板を天地に差し込むと、箱としての強度がぐっと上がります。これを天地逆さまにして、付属のナイロン製の外袋を底からかぶせていきます。この外袋がまた完璧な寸法の仕上がりで、隙間なくスポッと箱を飲み込むけれどブカブカではなく、製品の精度の高さに感激。梱包作業が気持ちよく進むし、信頼感も高まるというもの。

04.jpg
紙管でつないだサンドイッチを上から見たところ。かなりスペースがあるので、リアホイールのカセットがフレームに接触する心配もないことが見える。

06.jpg
側板を横から差し込むと、キチッと収まって強度が出た。これを天地逆にしてナイロン製の外袋を底からかぶせ、天地を戻して外袋のフタを閉める。

このバイクサンド自体の重量はおよそ8kg。わたしのフルサスのMTBが13kgなので、合わせて21kg。ストラップを肩にかけて、小柄(154cm)なわたしでもゆっくりとならなんとか歩けるかーという感じでした。そしてすばらしかったのは、日本の一般的なタクシーの後部座席にちょうどおさまること。特別なタクシーを頼まなくても、人間が助手席に座らせてもらえばOKです。シーコンのエアロテックだと厳しいと思います。

07.jpg
成田エクスプレスの車内でためしに座席後部の隙間に差し込んでみると、ピッタリ収まりました。ただしリクライニングは封印されますが……。

08.jpg
空港のカートに中サイズのスーツケースと載せるとこんな感じ。こうやって縦置きしても、ゴムがバランスよく吊ってくれているので、中身がガラガラ動くこともなし。

09.jpg
バージンアトランティック航空の自転車荷物の規定重量23kg(バージンは外形サイズの規定はない)もらくらくクリア。外袋に大きく自転車の絵が描いてあるので、いつも空港職員や公共交通機関のスタッフに頻繁に「中身は何だ」と聞かれて時間がかかったりすることが今回はまったくなかった。

10.jpg
ヒースロー空港で再会したバイクサンド。今回は成田空港もヒースロー空港も扱いがよかったのもあるのか、ほとんど擦り傷汚れすらない状態でした。

11.jpg
脇に注意事項サイネージがプリントされているのも、取扱う人の注意を喚起してくれて効果が高そうな気がします。ちなみに外袋は底面に防水のゴム引きがされているので、濡れた地面に短時間置かれたくらいでは問題なさそう。

……と、以上のように、今回の飛行機輪行はバイクサンドのおかげでストレスフリーで快適でした。バイクサンドは5〜10回(往復)程度の利用を想定しているとのこと。けれど、すべての消耗パーツを個別に購入することもできるので、買い足していくことでもっと長く使うこともできるのかも。

梱包可能な自転車のサイズについては、ロードバイクで560サイズ、MTBでLサイズ(シートチューブ470mm)程度まで対応、29erもタイヤの空気を完全に抜けば梱包可能とのことでした。インテグラルシートポストは現状では難しいそうです。

自転車の輪行ケースは、ハード・ソフトどのタイプも一長一短ですが、この強化段ボールとゴムを活用するバイクサンドはハードケースに近い保護性能と、ソフトケースに近い収納性能と価格といういいバランスを行っているような気がします。また来月あたりスペインにロードバイクを持って行くかもしれないので、そのときにも使ってみようかなと思っています黒猫

●バイクサンドのサイト
http://bike-sand.com/

STRAVAって何? (使い方その2)

そんなわけで、7月7日のRapha Women's 100で走ったことの証明にも使われるSTRAVAの使い方その2です(その1はコチラ)。今回は、自転車乗りで使っている人の多いGarmin Edgeシリーズを例に、データをweb上にアップロードするためのもう少し詳しい手順をご紹介します。

Garminの自転車での利用を想定したシリーズ「Edge」。810から200までがあり、GPSセンサーを内蔵しており、走行したコースを記録してくれる。200シリーズ以外は日本語版も発売されている。


STRAVAって何? (使い方その1)

STRAVAというサービスをご存知ですか? 簡単に言えば自転車とランのSNSで、走った記録をマイページに保存し、仲間や同じ場所を走っている人とコミュニケーションを楽しめるというものです。似たサービスがしのぎを削るなかでSTRAVAの人気が抜きんでてきた印象があるのは、ある区間を走った人たちの順位がすぐに閲覧できて、自分の順位もわかる使いやすさにありそうです。インターフェースもきれいで、使いやすいのもポイント

以前からSTRAVAは紹介したいなぁと思っていたんですが、ご紹介している「Rapha Women's 100」でSTRAVAを使うことになっているので、急いで説明したいと思います。

130329-02.jpg
iphoneアプリでの画面はこんな感じ。自分の記録を見たり、近くの人気コースを探したり、つながっている友だちの最近のトレーニングの様子を見たりすることができます。コメント機能などもあり。

増えている自転車の盗難対策にナンバー登録

自転車ブームはうれしいことだけど、自転車の盗難の耳にすることも増えてきています。
それも、転売目的で高価な自転車が狙われることが多いようです。

日本には防犯登録がありますが、さらなる対策としてこんなのはどうでしょう。

フレームに刻印されているフレームナンバーやシリアルナンバー、ブランド、色や形を
自分のメールアドレスにヒモ付けて登録するだけとシンプル。無料。

もし不幸にして盗まれてしまった場合、ここにその旨登録します。
中古市場に流れた場合、買い手がこのサイトでフレームナンバーなどを
検索してくれれば盗難車だということがわかり、
メールで連絡をとってもらうことができるという仕組みです。

私も登録してみました↓

このサイトで発行してもらえるID番号の入ったバーコードを
プリントアウトしてフレームの見えやすいところに貼ることで、
このサイトでタグがついていることをアピールすることもできます。

もちろん、誰かがこのサイトでチェックしてくれないと始まらないので、
これで必ず見つかるというものではないでしょう。むしろまだ確率は低そう。

でも、このサイトが中古業者さんたちや自転車好きの人たちの間で常識になれば、
大きなインパクトが出ます。自転車を盗む人が、自転車を転売しにくくなるからです

しかも、このサイトは全世界を対象にしているので、国外に転売されても有効です。

その意味でも、ぜひあなたもこのサイトに登録しませんか。
オークションサイトなどでフレームを買う際は、
このサイトでチェックしたかどうか、売主さんに質問するのもいいと思います





北欧生まれのおしゃれなリフレクター☆キラキラ

かーわいいリフレクターを発見しました!
まずはご覧ください


Glimmis
ボールチェーン12cm付 ¥630(税込)

その名前は「グリミス」。冬は夜が長いスウェーデンで50年前に登場したリフレクターのブランドです。


ボールチェーンで下げるタイプはなんと200種類以上のパターンがあるとか。

グリミスによると、薄暗くなる夕方から夜間の歩行者死亡事故は昼間の約3倍。反射グッズをつけていない歩行者の死亡事故は、着用している人の10倍以上なのだとか!

これは歩行者のデータですが、車道を走る自転車なら、その違いは推して知るべし…怖。

日本だと、反射グッズはまだまだ実用一辺倒、工事現場で使うようなアイテムが多いけど、こういうかわいいものなら、バッグからジャケットのファスナーから、そこら中につけたくなりますね!

↓こんなおしゃれなパンツの裾バンドも☆


Glimmis BAND 
3cm×32cm ¥840(税込)
伸ばすと棒状だけれど、パシッと足首などに当てるとクルリと巻き付くタイプ。

ちなみに、使っているのはリフレクターのブランド、3Mスコッチライトの反射素材。その反射の強さはヨーロッパ基準お墨付きとのこと。試しにバイクにつけて、遠くからフラッシュをたいて写真を撮ってみたら……。



さすが。まぶしい!
ハイビームの自動車なら、450mも先からでも視認されるそうです。

ブローチやピン、縫い付けるタイプなどいろいろあるので、これから集めてしまいそうな予感です……。

*追記*
プラザスタイル
キディランド
東急ハンズ
伊勢丹文具売り場
大丸東京
東急百貨店
ロフト
伊東屋
 などで販売中とのことです!




私のかわいいバイクに似合う、カラフルサドルバッグ

ふだんからパンク修理キットとスペアチューブなどを入れておいたり、日帰りロングライドに補給食を詰めていったり、便利なサドルバッグ。

実用的なこのサドルバッグに、カラフルなシリーズが登場しました。その名も「The Beans Bag」。ジェリービーンズのかわいらしさがコンセプトだとか!



The Beans Bag
全10色 ¥3,990(税込)


口がワニのように大きく開くことと、鍵など大切なものを見失わないですむメッシュポケットがついているのがポイント。

このビーンズバッグの魅力はその中/外の色合わせとデザイン! ゼブラ柄×ピンク、チョコレートブラウン×ブルー、迷彩×オレンジ……など気の利いた組み合わせが揃っています。

このビーンズバッグシリーズを作ったのは、女性。ご自身もシティバイクに乗っていて、おしゃれなサドルバッグがないことに業を煮やして自分で開発してしまったのだとか! その心意気、ステキです

たしかにおしゃれ系ロードバイクや街乗りピスト風シングルなど、色をポイントにした自転車に似合いそう。軽い防水機能のあるシリーズも登場してきていますので、サイトをチェックしてみてください。



 

坂道が好きな(嫌いな)人に便利なあの標高マップが

あなたは坂は好きですか? 嫌いですか?

大好きでも大嫌いでも、これから走ろうというルートに坂道があるかどうはぜひ知っておきたいことですよね。

そこで大オススメなのが、「ルートラボ」。以前は地図のアルプス社のサービスだったものが、去年秋からYahoo!の地図サービスLatlong Labの一部となったようです。



以前とは少し提供されているサービスが変わってしまいましたが、自分でたどって引いたルートの標高を見られるというスーパー素敵な機能は変わっていません! 便利です。

ほかのユーザーさんたちが公開している地図からお気に入りのものをクリップする機能がついたことと、この2月にはiPhoneでアクセスしやすいサービスも追加されました! 超便利です。

まだ使ったことがない方は、ぜひ次のサイクリングの計画に使ってみてください。毎日の通勤ルートをこれで見てみるのも、面白いですよ!




JUGEMテーマ:スポーツ自転車の入り口
 

あと10分で雨が降る!もわかるサービス

自転車乗りにとって、「今日このあと雨が降るか」どうかはとっても大切な情報ですよね。

そんなときは、普通の天気予報よりも雨雲レーダーです!
現在の雨雲の位置と、さかのぼって数時間の雨雲の動き方を見れば、あとどのくらいで自分のいるところにも雨雲がかかってくるかだいたい想像がつきます。

●防災情報提供センター
●ウェザーニュース
●東京アメッシュ

↑関東地方に住んでいる方なら、東京アメッシュがすばらしいです。
かなり拡大できて、アップデートも頻繁。あと10分でここも雨がふりはじめるな/止むなということまでわかります。

そして! iPhoneやAndroid携帯でもこういったレーダー画像を見られるアプリが登場してきています。

いくつかありますが、とくにおすすめなのはこちら。


日本のお天気レーダー

このアプリは複数の情報ソースからレーダー画像を集めてくれているので、地域ごとにかなり詳細な地図も見られるのです。

Android版はこちら

たとえば東京アメッシュを選択するとこんな感じ↓



無料アプリですからiPhoneやAndroid携帯を持っている人はすぐDLですね!




JUGEMテーマ:じてんしゃ全般
 

「姫トイレ」も!? みんなで作る自転車マップ

「近くに駐輪場があるなら利用したいな」というときなどに便利なオンライン地図「グリーンペダル マップ」をご存知ですか?


グリーンペダル MAP
↑PCブラウザで見た画面のキャプチャです。渋谷駅周辺だけでこんなに駐輪場があることがわかります!

カフェに温泉なんていう項目もありますが、やっぱりまずありがたいのは駐輪場情報や、自転車ショップ情報です。出先で突然パンクしてしまったなどの不調の際、近くにお店があるとわかれば対処の方法も変わりますよね。

そしてチャリジェンヌ的に嬉しかったのは、「姫トイレ」という情報投稿があったこと! 荒川近くのトイレがとてもきれいだそうです。

そう、このサービスは、私たちユーザー自身がが情報を追加していくことでリッチになっていくもの。だから、私たちも他の自転車乗りに伝えたい情報があったら、どんどんアップしていきましょう。姫トイレ情報、1ヶ所だけじゃなく、充実させたいです。

お財布に余裕がある人はぜひこのマップの運営者のNPOのメンバーになって、サービスを支えるのもナイス。

わたしたちもいろいろ書き込んでいこうと思っています!



JUGEMテーマ:じてんしゃ全般
 

磁石で足とペダルがくっつく! 新ペダルシステム

足とペダルを金属のクリップで固定するビンディング(クリート)式のペダルはまだちょっと怖い……という人に朗報です!

この春、ホイールなどで有名なMavicから発売になる『EZ Ride』というシステムは、磁石でペダルとシューズをくっつける新しいコンセプト。





EZ Ride システム
(写真左から)通気性がよく夏でも快適な「サマー ウーマン」、シックなデザインで都会の風景にも馴染みそうな「ワンダラー ウーマン」、30%がリサイクル素材で地球にやさしい「テラ ウーマン」¥10,500〜13,650(税込) サイズ22.0cm〜27.5cm(手前の専用ペダル)EZ Ride エボルブ¥4,725(税込)

サイクルモードの会場には体験コーナーもセットされていたので、もちろん試してみました!

シューズの履き心地は普通の運動靴のような印象。ビンディングシューズに多い、足をがっちり固めるものとはだいぶ違います。靴底も普通にやわらかくて、まったく違和感なく歩ける!

いざ自転車にまたがり、足をペダルに乗せてカチッとハマるポイントを探ると……カチッ!
シューズ側にペダルとまったく同じ形をしたマグネット入りの凹みがあるので、かなりしっかり凹凸が噛み合う感じ。ペダルから足が滑ってしまったりということはまずなさそう。

ペダルから足を外すのは超簡単。ビンディングのようにひねるようなことは必要なく、足をさっと上げればさっと外れます。足がはずれなくて転倒という心配はなさそうです。

その意味では、いわゆる「引き足」は使えません。引き足も使ってレーシーに走るというよりは、自転車を離れて歩くことも多いポタリングや自転車旅にぴったりという感じ。

ふだんビンディングを使っていても、たとえば鎌倉のお寺を自転車でめぐるような場合はこのシステムにしていくという用途もありそう。苔むした石段をヒヤヒヤすることなく歩けそうです。



JUGEMテーマ:スポーツ自転車の入り口

| 1/2PAGES | >>

calendar

S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
<< November 2017 >>

twitter

selected entries

categories

archives

recent comment

  • お手頃価格の飛行機輪行ケース、ためしてみました
    顧 哲哉 (10/18)
  • 自転車でも、風呂敷活用術
    これ! (09/09)
  • 世界の女性サイクリストを繋ぐイベントに参加しませんか
    ひろまみ (03/26)
  • 磁石で足とペダルがくっつく! 新ペダルシステム
    八 (03/18)
  • ナイトペダルクルージングに参加してきました
    かおりん (06/30)
  • 磁石で足とペダルがくっつく! 新ペダルシステム
    ISAAC (05/04)
  • ナイトペダルクルージングに参加してきました
    カホ (03/01)
  • ナイトペダルクルージングに参加してきました
    サキ (01/24)
  • ナイトペダルクルージングに参加してきました
    ルナ (12/22)
  • ナイトペダルクルージングに参加してきました
    マナ (11/16)

links

profile

search this site.

sponsored links

others

mobile

qrcode