スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

  • 2016.03.09 Wednesday
  • -
  • -
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

Rapha Women's 100:女性プロ選手からのアドバイス

前回ご案内した、今年の7月7日、世界中の女性サイクリストで一緒に100kmを走ろうというイベント「Rapha Women's 100」。その準備のためのポイントを、Rapha-FOCUSチーム所属の女性選手ジュリー・クラスニアクさんがRaphaのブログに寄稿しています。

Raphaに許可をいただいたので、その翻訳をここでご紹介します。
すでに100kmを走ったことのある人でも「知らなかった!」というお役立ちポイントがたくさんあると思います


ジュリー・クラスニアクはフランス北東のメス市出身、12歳で自転車を始め、14歳ですでにMTBレースを始めていた。曽祖父、祖父、父、兄、ジュリーという自転車レーサーの家系で、一族ですでに1000以上の勝利を収めている。現在は米国のオレゴン州ポートランドに住み、ラファ−フォーカスチームに所属している。今回、Women's 100のためにジュリーからプロとしてのアドバイスを寄せてもらった。

エタップ・ドゥ・ツールや100kmを超えるようなライドは、アマチュアや経験を積んだサイクリストが挑戦するものとしては最も厳しいチャレンジと言えると思います。

●たっぷり食べて出発しよう
今回の挑戦のための「やることリスト」を作るなら、リストのトップに来るのはいつも食事ということになるでしょう。とくにレース前夜の食事はとても大切――パスタ、キヌア、米、バルガー麦(クスクスのように料理する)、レンズ豆などをたっぷりとること。レースの数日前からアルコールや過度に油っぽいものは避け、肝臓の調子を万端にしておくことも大切です。我慢は辛いけれど、これは効果あり! 

当日走り始めるときには何か固形の補給食を携えていくこともマスト。補給食としてたくさんの商品が販売されているけれど、普通の食べ物もいいものです。ドライマンゴーやドライパパイヤ、アーモンドなどは健康的だし添加物の心配なし。フルーツやアーモンドのバーは走りながら齧るのにはぴったり。わたしはよくポケットにクロワッサンを詰め込んでいくので、いつもからかわれています。

続きを読む >>

| 1/1PAGES |

calendar

S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< July 2018 >>

twitter

selected entries

categories

archives

recent comment

  • お手頃価格の飛行機輪行ケース、ためしてみました
    顧 哲哉 (10/18)
  • 自転車でも、風呂敷活用術
    これ! (09/09)
  • 世界の女性サイクリストを繋ぐイベントに参加しませんか
    ひろまみ (03/26)
  • 磁石で足とペダルがくっつく! 新ペダルシステム
    八 (03/18)
  • ナイトペダルクルージングに参加してきました
    かおりん (06/30)
  • 磁石で足とペダルがくっつく! 新ペダルシステム
    ISAAC (05/04)
  • ナイトペダルクルージングに参加してきました
    カホ (03/01)
  • ナイトペダルクルージングに参加してきました
    サキ (01/24)
  • ナイトペダルクルージングに参加してきました
    ルナ (12/22)
  • ナイトペダルクルージングに参加してきました
    マナ (11/16)

links

profile

search this site.

sponsored links

others

mobile

qrcode