スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

  • 2016.03.09 Wednesday
  • -
  • -
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

キレイに見える自転車ウエアなんて初めて!Rapha Women's

そんなわけで、英国生まれのロードバイクアパレル「Rapha(ラファ)」。

いよいよ、今年登場したWomen'sラインの着用レポートです。

これが……めちゃくちゃ、真剣に、いいんです。
ショックなほど、よかった。

rapha_ware01.jpg
鏡の自分を撮っているので左右が逆になっています。半袖に入るアイボリーのバンドは左腕に入っています。このWomen's Classic Jerseyはスポーツウエアとして今注目を集めているメリノウール製。

男性でも同じだと思うけど、袖を通したときの、
「あ、アタシこれ似合うかも」
「アタシってけっこうカッコいいじゃん??」
というあの気分 それが、ありました。
こんなの自転車ウエアで初めての体験。

rapha_ware02.jpg
Women's Shortsは締め付けないやわらかい素材。それでいて、気になるおへその下を広い面でしっかり抑えて平らなお腹を作ってくれる。↑ここでも、意識して引っ込めてないんです。

カッティング、縫製、素材、すべてが上質で妥協がないのも、手にしてうれしい理由。
ご参考までに、私は身長154cmです。日本の服サイズで言うと、7と9の間くらい。
RaphaではXSがちょうどいいです。

rapha_ware03.jpg
Cytechの女性用パッドは厚みがあるほうで、長時間乗っても底づきしにくそう。後ろポケットは深めでたっぷりの容量。貴重品用ジップポケットもあり。そして英国ブランドなので、左側通行のために右側にもリフレクターがついています。これ、日本にはポイント高いと思います。

rapha13.jpg
半袖のWomen's Classic Jerseyについているアームカバーは、裏起毛の秋冬用。これもなんてことないようで、クラシックな佇まいが独特の魅力です。

まだ写真を撮れていないのですが、同ラインの薄手ジャケット
Women's Stowaway Jacketもウットリしちゃうくらいカッコいいです。
ハッキリ言ってお値段高いですが、出す価値は十分にあります。キッパリ

今季はまだこのジャージ上下とジャケットの3点のみですが、
秋冬からは冬用のロングタイツ、冬用ジャケットもWomen'sに追加になる予定とか。

日本からでも送料US$25で購入できますので、ぜひチェックしてみてくださいね


バイクの雰囲気がガラリと変わる! 水玉バーテープ

ロードバイクやツーリングバイクなど、
ドロップハンドルの自転車のおしゃれポイントのひとつ、バーテープ。

こんなかわいい水玉のものが登場しました!

GP ポルカドット バーテープ
カラー:クリームホワイト、ピンク、ネイビー
エンドプラグ、フィニッシングテープ付属 各色840円(税込)
株式会社マルイ Tel. 078-451-2742

バーテープは消耗品です。使っていれば汚れてくるし、
クッション性もだんだん落ちてきます。
何より愛しい自転車の雰囲気がバーテープだけでガラリと変わるのも楽しい!

バーテープの巻きかたは意外と簡単なので、
たくさんある説明サイトYouTubeなどを参考にチャレンジしてみて!



ロックもおしゃれに。女子的ロックどうするか問題

以前このブログでも少しふれた、「女子的ロックどうするか問題」。

日本でも、細めのワイヤーロック1本では心もとない時代になってきてしまいました。

私は東京と交互に自転車盗難天国のロンドンにも住んでいるので、
ガッツリとしたロックは必需品です。

ABUSというブランドの、長めのDロック(U字ロック)と、
どっしり重たい鋼鉄チェーンの2種類を使っています。

鋼鉄チェーンのほうは、走るときはたすきがけにしたり、
腰に巻いたりして走ると、カバンに入れて運ぶより楽です。

でもそのときに気になるのが、服に汚れがつきやすいこと。
ロックはどうしてもチェーンなどにふれてしまうので、
その油汚れが服に移ると最悪です。

そこで作ってみたのが、こちら↓

IKEAの生地を20cm×110cmに裁断して、
袋縫いにして筒にしてみました。
ちょっとかわいくないですか〜?

体に巻いたり、バッグに収納する前に、さっとこれに
チェーンを通せばもう服や荷物が汚れる心配なし

思ったのですが、これにさらに反射布をあしらえば、
夜間の安全対策にもプラスになりそう。

またバージョンアップを作ってみようと思っています。




Rapha続報♪ 送料無料キャンペーン中

先日ご紹介をした、英国発のサイクルウエア「Rapha」に


Rapha Japanさんから情報をいただきました!

まず送料は日本からの場合、US$25だそうです。間違えてお知らせしました、すみません。

そして耳寄り情報も!

今日本で開催中の自転車レース、ツアー・オブ・ジャパン(TOJ)
Rapha Condorチームが参戦していることを記念して、
5月末まで送料無料のキャンペーン中なのだそうです!
(※購入決済画面で、プロモーションコード「TOJ2010」を記入のこと。)

これは見逃せませんね〜
あと、日本での扱いショップリストはこちらです。
Women'sの入荷はやや薄いかもしれないので、お店に問い合わせてください。

こんど英国本社にもお邪魔してこようかなと思っています



英国おしゃれ自転車ウエアhowiesもご紹介

前回ご紹介したRaphaがどちらかといえば攻め系のおしゃれなら、
同じ英国発でもレイドバックまったり系なのが、「howies(ハウイース)」。

英国西部のウェールズ(日本で言えば……九州?)で
自転車やボードがライフスタイルだった若い人たちが、
自分たちのテイストを追求しまくって立ち上げた、インディーズブランド。

いまやロンドンのおしゃれエリア、カナービーストリートなんかにも
直営店を出すほど大きくなってきました。

ここんちは、カタログがもう作品と言っていいような出来で。

表紙はこんな感じ……。

find your mountainとか言われたら、もうゾクゾクするしかないわけです。

近頃のなんでもファストな消費文化から脱却しようぜ!と呼びかけたり、
旅心やウェールズ人のルーツを謳いあげたり、
自転車やボードで無茶して怪我した話だったり。

そんな彼らのウエアは、ネットで見ていただくとして……
たとえば使うコットンはすべてオーガニック
どれもいわゆる流行とは距離を置いていて、何年も大切に、
擦り切れるまで着たくなるようなものばかりです。
 ※オーガニックコットンについてはぜひコチラもお読みください!

そして今年から、女子自転車ウエアもちょこっと登場。


アウトドアウエアとして再ブームになっている
メリノウールを薄手に仕立てた半袖ジャージ、背中ポケット付きです。

半袖ジャージ(slipstream) 80ポンド(約1万1000円)

こちらはどうやら日本進出はまだのよう。
日本への送料は25ポンド(約3500円)となっています。

カジュアルウエアもとてもかわいいので、ぜひチェックしてみて。







あのRaphaについにWomen'sが!

英国の自転車ウエアブランド「Rapha(ラファ)」。
イギリスならではのクラシックさとコンテンポラリーさの絶妙なバランスで、おしゃれローディ男子憧れのブランドと言い切って問題ないでしょう

そのRaphaに、ついに女性ラインWomen'sが登場!


半袖ジャージトップ+アームカバー 125ポンド(約1万7000円)
サイクリングパンツ 135ポンド(約1万8500円)
防水ウィンドブレーカー 165ポンド(約2万3000円)

……と、かなりお高いです……


でもなんともおしゃれなんです。
ぜひサイトをご覧ください→ http://www.rapha.cc/products/womens

……欲しい。

日本からでもweb上でオーダー可能です(送料US$25)。
日本に正式に輸出の予定があるかちょっと問い合わせてみます。
しばしお待ちください。

追記:日本への送料を訂正しました!(5/19)





自転車おしゃれショップにGO!

この自転車ブームで、自転車用のウエアを扱うおしゃれなショップも続々登場しているようですね!

そんなひとつをご紹介。アップ・アンド・カミングなエリアとして注目されているCET(セントラル東京イースト)は浅草橋そばに登場した『TOKYO Wheels』


TOKYO Wheels
東京都中央区東日本橋2-27-2
営業時間/12:00〜20:00
定休日/月・火

コンセプトは「モビリティライフを楽しむための大人のセレクトショップ」。
うむ。
要は、自転車乗りとバイク乗りのためのおしゃれショップということですね!





レディースウエアのラックもちゃんとあって、nari/furi、Mavic、Le Coq Sportifなどが揃っています。

サブバッグとして使いやすそうな、伸縮性の高いニット素材のサコッシュなど、かわいいアイテムもいっぱいありました。

自転車雑誌『バイシクルナビ』の編集長河西さんもお店のディレクターとして加わっているので、誌上で紹介されているオリジナル開発のジャケットなどもいちはやく入荷しているようです。もっぱらメンズですが(女性用も作ってほしいなーブーブー)。

CETは最近ときどき自転車で行っていますが、いいですね!
ロンドンのオールド・ストリートやベスナル・グリーンのような、家賃がまだ安いから若いクリエイティブな人たちが移って来ている、あのウズウズ胎動する感じがある気がします。

ぜひエリア観察がてら、サイクルデートのデスティネーションになさってみては?




自転車でも、風呂敷活用術

自転車ででかけるとき、私はいつもバッグやポケットに風呂敷を入れていきます。

ちょっとした風呂敷マニアなので、かなりの枚数を持っているのですが、最もお気に入りかつ出番が多いのがコレ。



京都の掛札さんという風呂敷専門店のオリジナル柄です。老舗だそうですが、若い三代目(ちなみにイケメン!)兄弟が古典柄を新解釈。一目で欲しくなるような風呂敷をたくさん作ってらっしゃいます。コチラから→

こちらのでないとしても、自転車乗りにわたしがオススメしたいのは、木綿かポリエステル素材。絹はステキですが、たくさんの荷物を運んだりするには繊細すぎます。

そして、「三幅」とよばれる、一辺が105〜110cm程度のかなり大判のものを選んでください。この大きさなら、斜めに背負うことができるからです。

こんな感じ↓



これがあれば、出先にちょっとお買い物をしてしまっても大丈夫。わたしはこれでファーマーズマーケットで衝動買いをした5kgの無農薬玄米を持ち帰ったことがあります。

風呂敷なら、すでにメッセンジャーバッグやリュックを背負っていても、さらにその上から斜めに担いだり、腰に巻いたり、リュックにくくりつけたり、まぁなんとかなるものです。

寒いときにはストールのように使うこともできるし、土手で寝転ぶときにブランケット代わりにしたり、何かと便利な風呂敷。ぜひ活用してみてください!






女子的自転車バッグ考察<その2>

今日はサイクリングするぞ!という日などはともかく、お仕事やショッピングなど、ふだんの用事をスポーツバイクでこなすときのバッグに悩みますよね、という件。

先日は私がふだんノートPCを運んだりするときのメッセンジャーバッグをご紹介しましたが、こちらはもうちょいビジネス度の高い日にいいかもと思っているトートバッグ。


G エクルメッセンジャートートバッグ
グリーンサイクルステーション 25,800円(税込)

横浜の人気サイクルショップのオリジナルブランド「G」。
一見ふつうのトートですが、ストラップをメッセンジャーバッグ的に固定できる第2のストラップがついています!


G レザーメッセンジャートートバッグ
グリーンサイクルステーション 59,800円(税込)

こんなのいままでなかったですよね!
キャンバス地のものには、一泊旅行ができる程度の容量のもの(25,800円)もあります。

さすがに大雨の日は厳しそうですが、ビジネスシーンで自転車を使うことが多いなら、いいかもしれません。

ちなみに、すべて国産のハンドメイド、同じものは2度と作らないのがポリシーなのだとか! 気になった方はいますぐゲットしたほうがいいかも……!?




おしゃれなリフレクターを集めてます

とくに夜間走るときには目立ってナンボ、最低でもライトは前2灯、後2灯、リフレクターも大好き、「走るクリスマスツリー」を自認しておりますyokoです。

そんなわけで、リフレクターのコレクションには余念がありません。
最近のお気に入りがこの2つ。

イギリスの女性向け自転車ウエアCyclodelicのリフレクター。

イギリスの女子自転車ウエアブランド、「Cyclodelic」のアンクル/リストストラップ
レザーバンドを反射素材に透明なビーズがびっしりついた布でくるんだものです。一見リフレクターに見えないので、ブーツの上から巻いておいたりしてもかわいい。

マグネットのリフレクター。どこにでもつけることができます。

わたしのお尻で赤く光っているのが、イギリスの自転車アパレル「Two on Flo」のマグネット式リフレクター。2つのマグネットで布地などを挟めば、ポケットでもブーツでもバッグでも、どこでも好きなところにつけられるのがミソです。

まだまだいいリフレクターを探していきます! いいものをご存知の方、ぜひ教えてくださいねー。

 



| 1/2PAGES | >>

calendar

S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< July 2018 >>

twitter

selected entries

categories

archives

recent comment

  • お手頃価格の飛行機輪行ケース、ためしてみました
    顧 哲哉 (10/18)
  • 自転車でも、風呂敷活用術
    これ! (09/09)
  • 世界の女性サイクリストを繋ぐイベントに参加しませんか
    ひろまみ (03/26)
  • 磁石で足とペダルがくっつく! 新ペダルシステム
    八 (03/18)
  • ナイトペダルクルージングに参加してきました
    かおりん (06/30)
  • 磁石で足とペダルがくっつく! 新ペダルシステム
    ISAAC (05/04)
  • ナイトペダルクルージングに参加してきました
    カホ (03/01)
  • ナイトペダルクルージングに参加してきました
    サキ (01/24)
  • ナイトペダルクルージングに参加してきました
    ルナ (12/22)
  • ナイトペダルクルージングに参加してきました
    マナ (11/16)

links

profile

search this site.

sponsored links

others

mobile

qrcode